英語力を活かせる看護師に特化した求人・募集を探すなら、英語看護師JOB

英語を利用する看護師になるには

英語力を活かした看護師の仕事内容

英語力の身につけ方

英語力は一朝一夕で身につけられるものではありません。英語力に限ったことではありませんが、「毎日続けて行う」ということが大切になります。
読み書きであれば、毎日英語の本や英字新聞を、毎日英語で日記などの文章を書くことで一定のレベルまでは達するようです。
英会話となってくると、ワーキングホリデーや海外留学が英語力を身につける効果が高いとされています。現地でネイティブな英語に接して日常を過ごすことが英語力を身につける近道です。一般的には早ければ半年、長くても1年間英語圏で生活をすれば日常会話は困らないくらいの英語力は身につけられるようです。
ワーキングホリデーや留学が難しいといった方は、英会話教室に通う、ビデオ通話で行う英会話など、声に出して英語を学ぶ環境をつくると良いでしょう。

看護師になるには?

看護師になるためには、看護師の国家資格が必要となります。
看護師の国家資格は最低でも3年間は学校で勉強をしないと受験資格は得られません。学校に通わずに家で勉強をしていきなり受けるということは出来ません。看護専門学校に行っても、看護系大学に行っても、看護師の国家資格の受験は出来ますが、看護師になったあとの給料は当然大学卒のほうが高くなります。
看護師の国家資格の合格率は90%前後です。基本的に学校でしっかりと勉強をしていれば、問題なく合格するでしょう。
どこの病院も看護師不足が続いておりますので、看護師の方は就職先に困るといったことはあまりありません。

英語力を活かした看護師としての職場

英語力を活かせる看護師の職場は主に病院・クリニック、トラベルクリニック、空港クリニック、検診センターなどがあります。病院・クリニックの求人は出やすく、当然地方よりも都心のほうが英語を使う機会は増えるでしょう。逆に空港クリニックは数に限りがあり求人が出にくいようです。外国人の向けの検診センターで行うメディカル・ツーリズムは今後拡大していくことが見込まれますので、求人が増えていくことが見込まれます。
全体的に求人が増加している傾向にありますので、英語力がある看護師の方の活躍できる職場も更に増えていっております。

英語力を活かしてキャリアアップ

グローバル社会になるにつれ、日本にも外国人の患者が多くいらっしゃいます。当然全員が日本語を話せるわけではないので、英語で話す機会が増えます。英語が話せると、患者からも同僚からも感謝され、スキルアップや給与アップも望めるため、看護師としてのやりがいも増えていくでしょう。
英語看護師JOBでは、そういった英語力を活かしてキャリアアップを図りたい看護師の方の転職を、看護師専門のキャリアコンサルタントが「無料」で全面的にサポートさせていただきます。
もちろん英語力をアップしたい!という看護師の方も大歓迎です。
下記のボタンよりお気軽にご登録下さい。

【完全無料】転職支援サービスに申し込む

ページのトップへ