英語力を活かせる看護師に特化した求人・募集を探すなら、英語看護師JOB

英語を利用する看護師の仕事内容

英語看護師の仕事内容

看護師が英語スキルを活かして働く仕事には、外資系企業内や外国人居住者が多い地域の病院、あるいはトラベルクリニックや空港クリニックといった外国人患者の来院が多く見込まれる病院やクリニックのほか、検診・美容整形・手術など各種医療サービスの受療目的で来日する外国人のための専門施設、いわゆる「メディカルツーリズム」での仕事などがあります。

またCRO(治験請負業者)機関では、看護職ではなく企業社員として、ナースの経験と医学知識に加えて英語力も必要とされるCRA業務での活躍も期待されます。

病院・クリニックでの仕事内容

英語を利用する看護師であっても、病院・クリニック勤務での日常業務は臨床看護が主業務になります。診療科目や配属部署に応じた看護ケア、診察補助、バイタルサインチェック、検査介助、接遇、処置といった業務を行います。

一般病院や個人クリニックでは、施設規模の大小を問わず、外国語対応できる人材がまだまだ不足しています。そのため外国人患者が受診したときには、英語対応可能な看護師が、問診票の記入、患者さんの症状や病歴の聞き取り、院内の誘導、患者さんへの診察内容や処置の説明、医師と患者間の通訳など、院内での全過程をサポートする役割として、ときには配属部署や病棟を超えて活躍するのです。

英語を活かして働く看護師としては、外来、病棟ともに日常英会話能力に加えて、幅広い一般医学知識の英語語彙が豊富であれば役立ちます。

トラベルクリニックでの仕事内容

トラベルクリニックは、種々の目的で海外へ渡航する方に、予防接種、健康診断、予防薬処方など海外滞在のために不可欠な医療サービスを提供する専門医療機関です。

行先(国)に応じたワクチン接種、赴任先や留学先が指定する所定の各種診断書や予防接種証明書を発行するクリニックですから、勤務する看護師にも読解力を主とした英語力があると高く評価されます。

サービスの特性上、病床を持たないトラベルクリニックは、来院する患者が健康体であることも多く、ほとんどのクリニックが予約制を採用しているのが特徴です。

看護師は、注射、採血などの処置と各種検査介助のスキルが求められるほか、国際感覚をもつ患者さんが安心してサービスを受けられるよう各国の医療知識に長けたコミュニケーション力も問われます。

空港クリニックでの仕事内容

空港内唯一の医療機関として設けられている空港クリニックには、空港内や機内で体調不良に陥ったり、ケガを負ったりといった傷病を抱えた方が来院します。

日本国内の空港クリニックは、いずれも最低限の医療設備と少人数体制で運営されているクリニックが多く、空港クリニックで働く看護師は、的確な処置を臨機応変に対応できるほどの臨床経験や幅広い知識が求められることになります。といっても空港クリニックには病床がなく、院内設備にない検査や加療が必要な患者さんは近隣の病院に移送するので、看護師の体力的負担は少ないといえます。

来院する患者さんは、乗客のみならず空港施設内の業務に携わる空港スタッフも含まれます。当然外国人の患者さんも多い環境ですから、患者さんと意思疎通ができる程度の英会話力と医療英語スキルも必要です。このように空港クリニックは、国際色豊かな環境で英語と看護スキルの両方を発揮できる職場です。

医薬品開発受託機関(CRO)での仕事内容

製薬会社から治験業務を受託して、治験業務全般の全て・または一部を代行する機関がCRO(医薬品開発受託機関)です。

近年の治験業務グローバル化推進に伴って、製薬企業からCROへの治験業務委託は、年々増加の一途を辿っています。CROでは、治験モニタリング業務を取り仕切る「CRA」と呼ばれる臨床開発モニター業務の人材不足が慢性化しているため、CRA要員として看護師有資格者の入職機会も拡大しているのです。

CRA業務はとかく多岐に渡ります。CRAの主たる業務は臨床試験を取り仕切るモニタリング業務ですが、全国各地を飛び回り、多くの製薬関係者や医療関係者との折衝や文書作成、手順確認など責務の大きい業務を任されるため、深い治験知識のほかに、スケジュール管理能力やマネジメント能力といったビジネススキルも問われます。

グローバル治験においては、英文文書作成や英語でのコミュニケーションも必要不可欠ですので、看護師の経験と英語力をフルに活かしながら、緊張感とやりがいに満ちた環境で企業社員として働くことになります。

メディカル・ツーリズムでの仕事内容

メディカルツーリズムとは、より良い医療サービスを受ける目的で外国に渡航することをいい、日本でも今、最も有力な成長産業のひとつと注目されています。日本で目されているのは、各国の富裕層患者を日本に呼び込んで、そのニーズに応える高度な医療技術と細やかなホスピタリティーが行き届いた医療サービスを提供する専門機関の事業拡大。それによる経済成長です。

メディカルツーリズムによって外国人患者の増加が見込まれ、それに見合った外国語対応ができる看護師の人材確保・育成も急務となり、英語が話せる看護師需要の増加が確実視されています。

現状、メディカルツーリズムを実施しているのは、外国人向け検診を専門にした検診専門機関がほとんどですが、今後は治療や美容目的での渡航者拡大も見込まれている将来性のある産業です。外国人への応対ですから、看護師も当然外国語力が必須です。

患者さんの接遇は、より高いホスピタリティーが求められる傾向がありますので、サービス精神と幅広いニーズに対応できる英語力、検診項目をメインとした検査介助や処置技能などの臨床経験が求められる仕事です。

【完全無料】転職支援サービスに申し込む

ページのトップへ